カンボジアの実習生を受け入れるメリット

カンボジアの実習生を受け入れるメリット

外国から来た技能実習生を受け入れることは、日本と外国の双方に良い効果をもたらします。

カンボジアの実習生に関するアドバイスです。

海外から派遣される若者のほとんどは、中国やフィリピン、カンボジアなどの発展途上国からやって来ます。



発展途上の国家が成長するのに必要なのは、そこに住む国民の成長です。

優れた技術を持った人材が社会で活躍してくれれば、国民が幸福・裕福になり、国家全体も豊かになっていきます。


技能実習生の受け入れは、少子化で不足しがちな日本の労働力を補う効果もあり、日本と外国の双方に利益をもたらします。


カンボジア出身の技能実習生は、真面目な国民性と手先の器用さ、流ちょうな日本語が特長です。
カンボジアは世界でも有数の親日国として知られている国で、多くの国民がアジアの先進国である日本に憧れを抱いています。
将来日本で働くことを夢見て、勉強や訓練にいそしんでいる若者は多いです。


派遣される実習生は必要な技術をひととおり習得しているため、現場で即戦力になります。

カンボジアから派遣される若者は、研修中に日本語を学んでいるので、コミュニケーションはほぼ問題なく行えます。



稀に日本語が苦手な若者が派遣されることがありますが、滞在するうちに日本語に慣れてくるので、心配する必要はありません。


日本の文化やマナーについても、事前に学習してから来るので、トラブルが起きることはほとんどありません。万が一問題が生じた場合は、実習生の送り出し機関に相談して指示を受けるといいでしょう。

  • 最新考察

    • 近年、発展途上の外国の若い人たちに日本の技術を伝えて、発展を促す運動が盛んになっています。実習生として日本に研修に来る人が特に多いのがカンボジアです。...

      detail
  • 初心者向き教育

    • 近年のニュースの特徴の一つとして、人材不足が取り上げられる事が多く、小売業を展開する企業では、人材不足により営業時間を短縮したり、時給を上げる等して人材確保が一つの課題となっている企業も少なくありません。小売業以外にもこの日本には数多く製造業が展開されており、製造業界でも人材不足が叫ばれる様になりました。...

      detail
  • 教育のテクニック

    • 現在日本では東南アジアを中心とする地域からの技能実習生の受け入れを積極的に行っています。これは日本が国として行っている国際貢献活動であり、日本国内の様々な産業の現場を東南アジアの若者に体験してもらうことによって将来に生かそうとするものです。...

      detail
  • 納得の真実

    • 現在日本では外国人技能実習生と言う形でカンボジアを含む東南アジアを中心とする国々の若者を日本国内に招いて産業の現場で研修生として働いてもらうと言う制度が存在しています。これは日本の国としての国際貢献活動の1つであり、幅広い産業の現場でこのような仕組みが採用されています。...

      detail