カンボジアの実習生を受け入れるメリット

  • カンボジア実習生を社内へ受け入れ

    • 近年のニュースの特徴の一つとして、人材不足が取り上げられる事が多く、小売業を展開する企業では、人材不足により営業時間を短縮したり、時給を上げる等して人材確保が一つの課題となっている企業も少なくありません。小売業以外にもこの日本には数多く製造業が展開されており、製造業界でも人材不足が叫ばれる様になりました。

      カンボジアの実習生の情報が満載です。

      そこで注目されているのが海外から人材を確保する方法で、カンボジア等の東南アジアから日本へ実習生として受け入れる方法があります。

      日本の高い技術を学ぶため数年間限定で実習生として働く事で日本の技術を習得し、国でその技術を活かした仕事が出来るという制度です。特にカンボジア人の多くは日本で働く事を夢見ている人も多く、簡単な日本語をすでに勉強している人もいます。


      日本人の労働力確保が難しい企業が、カンボジアの人を受け入れる事で労働力不足を補う効果があり、そして社内に新たな文化を形成する事にも繋がります。
      しかし、カンボジアの実習生を受け入れる前にまずは社内の受け入れ体制を整える必要があります。



      実習生の多くは簡単な日本語は話せる可能性がありますが、日々細かなコミュニケーションまで取る事は最初難しいでしょう。

      そのため、社内一丸となって教育体制を整え、そして彼等が実習生として必要な知識や技術を習得で出来る環境作りが重要となります。



      実際に日本で学んだ事を国で活かせる様な知識習得を目指し、十分な受け入れ態勢を整えた上でこの制度を利用してみると良いでしょう。