カンボジアの実習生を受け入れるメリット

  • カンボジアからの研修生の受け入れ企業

    • 現在日本では外国人技能実習生と言う形でカンボジアを含む東南アジアを中心とする国々の若者を日本国内に招いて産業の現場で研修生として働いてもらうと言う制度が存在しています。

      カンボジアの研修生情報が探せます。

      これは日本の国としての国際貢献活動の1つであり、幅広い産業の現場でこのような仕組みが採用されています。
      外国の安い労働力を使うという目的ではなく、次の世代を担う東南アジアの若者を招いて日本の環境の中で日本人と一緒に働くと言う経験を持ってもらうことを目的としています。



      このような取り組みに賛同している企業が数多く存在しており、農業や漁業はもちろん製造業などの工場関係でも幅広く受けられています。



      そのような東南アジアの外国人の中にはカンボジア以外にも様々な地域や国の研修生がいるのです。
      このような外国人を受け入れる企業は様々ですが、いずれの場合においても日本文化の中で日本人と一緒に仕事をすると言う点が特徴となっています。


      このようなカンボジアの研修生は1年から3年程度の研修期間を経過すると母国に戻る流れとなっています。

      母国に戻った後はそれぞれの人生を歩むことになりますが、日本で学んだ技術や経験を活かして活躍することが期待されています。


      特にこれから日本がカンボジアに進出していく際に、何らかの形でビジネスパートナーとして共同で仕事をすることができる未来を期待しているのです。

      このような将来を描いている日本の国際貢献活動として外国人技能実習生制度が行われています。