カンボジアの実習生を受け入れるメリット

  • カンボジアからの実習生の受け入れについて

    • 現在日本では東南アジアを中心とする地域からの技能実習生の受け入れを積極的に行っています。

      現時点で最高のカンボジアの実習生が有名になってきました。

      これは日本が国として行っている国際貢献活動であり、日本国内の様々な産業の現場を東南アジアの若者に体験してもらうことによって将来に生かそうとするものです。

      単なる見学ではなく給料の発生する雇用と言う形態で短期の場合には1年、上記の場合には3年程度まで時間を使って様々な研修を行う仕組みが作られています。

      この実習生制度で日本にやってくる外国人の中には、カンボジアの若者が少なくありません。カンボジアは東南アジアの国々の1つであり、現在もそうですが、今後ますます日本の経済発展の良きパートナーとなることを期待されている国の1つです。このような国の若者日本の企業に招き、日本人と一緒に学んでもらうと言うことに大きな意味を持っているのです。

      実習生として働く期間は様々な生活保障も行うのが基本であり、出稼ぎ労働者では無いのです。



      このようなカンボジアからの実習生は一定期間日本人と一緒に働き、産業技術はもちろん日本の言葉や文化、風習についても身に付けて母国カンボジアに戻ることになります。このような経験をすることによって将来的に何らかの形で日本とのパートナー関係を構築していくことが期待されています。

      若者中心として日本国内に招く仕組みは、将来のパートナー作りに役立ってられています。
      そのような特徴のある制度として広く利用されています。