カンボジアの実習生を受け入れるメリット

  • カンボジアから来た技能実習生

    • 近年、発展途上の外国の若い人たちに日本の技術を伝えて、発展を促す運動が盛んになっています。

      実習生として日本に研修に来る人が特に多いのがカンボジアです。


      外国人の技能実習生を日本に研修生として迎える目的は、企業の国際交流です。

      さらに身近になったカンボジアの実習生の安心情報、今すぐ確認してみましょう。

      また、カンボジアから来た研修生の人たちは仕事に対して真剣なので、職場の空気を変える為という理由もあります。

      実習生の研修期間は短い場合には1年程度、長い人で数年程度です。


      企業により受け入れができる人数が決まっています。



      なので、研修希望者が全員研修を行えていないというのが現状です。



      カンボジアでは実習生が日本に来る前に専門の日本人講師がカンボジアまで行き、日本語を教える器官があります。

      この期間は大体半年から1年程度で、この短い期間で研修予定の人たちは日本語をある程度使えるようになります。

      また、研修として日本に受け入れられる職業は決まっています。

      最近、テレビ番組でも外国からの実習生が取り上げられることが多くなっていて、知っている人も多いと思いますが、看護などは受け入れが許可されている職業で、大変人気があります。
      基本的には研修は日本で行いますが、日本に迎え入れるだけでなく、日本の専門講師が外国へ行って出張研修のようなものを行うことがあります。
      外国へ赴くことにより、研修を受けたくてもお金がないため受けることができない人たちにも専門技能を体得してもらうことができるようになっています。